ほけんだより

養護教諭を目指す教育学部生・ほけんだよりを書いています🌷

はじめのご挨拶

はじめまして。

養護教諭を目指している教育学部生の はな です。

 

養護教諭とは、いわゆる「保健室の先生」のことです。

ほけんだよりとは、養護教諭が子どもや保護者、先生に向けてつくる「お便り」のことです。

(学校によっては、保健委員さんがつくることもあるみたいですね。)

 

みなさんも子どもの頃、ほけんだよりを読んだ覚えがありませんか?

今、子どものみなさんだったら、お手元にほけんだよりがあるかもしれませんね。

 

健康のこと・からだのこと・人間関係のこと、、、

ほけんだよりには、養護教諭

「子どもたちや子どもを取り巻く大人に伝えたい!」

と思っている情報がぎゅ〜っとつまっています。

 

私が養護教諭になったとき、

ほけんだよりに書きたいなあと思っていることや

子どもに伝えたいなあと思っていることを、形として残したくて、このブログをつくりました。

 

私のほけんだよりを読んで、思ったこと・ぼんやり感じたことがあれば

ぜひ、ご感想をお願いします。

 

ほんのり心に残るほけんだよりが、ありますように!