ほけんだより

養護教諭を目指す教育学部生・ほけんだよりを書いています🌷

幸せがまわってくる順番がおかしいとき

お題「今日の出来事」

 

こんばんは。はなです。

 

幸せがまわってくる順番狂ってるんじゃないのかって思う時、ありませんか。

 

 

 

 

自分より頑張ってないあの人のほうが幸せそうにしている。楽しそうにしている。

自分を傷つけた人のほうが先に新しい幸せを見つけた。

頑張っていればいいことがある、という言葉を信じて頑張るのに限界がきた。努力が報われない。

 

 

そんな風に思う時、しんどいですよね。

人と自分を勝手に比べて落ち込んで、

なんで私はこうなんだろうって思って、

自分どこで何を間違えたのかなって考えて。

 

 

今日 そんな風に思う出来事がありました。

その時に、気持ちを一旦落ち着かせるためにやったことをまとめてみました。

 

 

 

①今の気持ちに合う音楽を聴きながら、泣く

 

じゃんじゃん涙が出てきます。

イヤホンで耳を塞いでいるので、自分の声が少し小さく聞こえます。なので、いつもより大きめの声で泣けます。

 

私の夜明け

私の夜明け

  • provided courtesy of iTunes

 私は今日 この歌を聴いていました。

 

 

 

 

②自分が何に泣いてるのか、声を出して確認する

 

声に出すうちに、余計泣けてきます。でもそれでいいと思います。泣きつつも、冷静になれる感覚がありました。

 

 

③お風呂に入る

 

精神的にもすっきりします。不思議ですね。からだと心は繋がっているなと改めて思います。

 

 

④気持ちを何かに書き出してみる

 

今、私はこの段階です。今後 私は同じような状況に何度も陥ると思うので、どう対処したらいいかまとめておこうと思って書いています。

 

 

 

私が一番気をつけたことは、

「いつかいいことがあるはずだ」  というような心理的な面から気持ちを切り替えるのではなく

実際にからだを動かすことで 気持ちを切り替えるようにしたことです。

心とからだが繋がっているというのなら、

心が弱っているときは からだにアプローチすればいいんじゃないのかな、と思います。

 

 

 

以前の記事で少し書いた言葉ですが、

 

何が自分にとって本当に良かったのかわかるのは、いつも 最後のほうですよね。

 

 

負けないぞ!